愛される起業家でいなければ起業は失敗する?!

過去5年で会社が倒産した9つの原因とその件数のデータによると、販売不振が最も多い原因で会社が倒産しています。

販売不振には、基本ビジネスモデルがうまくいかなかった、販促が上手くいかなかったなど、様々な原因はあるかと思います。

そこで、少し私の経験を踏まえて、違った視点で起業が失敗する要因を記載していきたいと思います。

私の師匠は、「愛される起業家でいなさい。そうすれば、バカだろうが何だろうが誰かが助けてくれる、何とかなる。」

そう仰っています。

『愛される』という定義は様々だと思いますが、まず

  • 期待に応える
  • 素直
  • 行動が早い

など、こういった要因が重なり『愛される』に繋がると思います。

起業家の大前提として、
私たちがお客さんからお金を頂くには、
他人や社会のプラスとマイナスを解決するしか
ありません。

そのため、起業家は

  • お金がありません
  • 時間がありません
  • 自信がありません

というこの3大言い訳を言ってはいけません。

口に出していないとしても、
自分の発言・行動が伴っていなければ同じことです。

私も、自分の行動や発言に責任を持たなければなりません。

当事者意識がなくては起業家としては失格です。

逃したチャンスは二度と同じ条件で来ることはありません。
いざというときに、踏ん張れる自分にならなければなりません。

在り方はどこでも問われるのだと、改めて感じました。

失った信頼は取り戻すのに時間が掛かります。

誰も仕事を頼みたくないと最終的になることもあるでしょう。

 

どうか、愛される起業家でいてくださいね。

コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文

  • 投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。